05/14  「伊豆・下田の旅」 

春の陽気に誘われて…
今回の旅は幕末、黒船が入港したことで有名な伊豆は下田に行ってきました。
今回も突然です。全くノープランです。
shimoda01
下田駅から出たところで風情のあるモノを発見。
下田は温泉もある町ということでホッカホカの温泉が流れています。
足湯もあったよ。
駅前ということで人通りもあり誰も入ってなかったので断念。



既にお昼過ぎていたのでまず宿へ。
今回お世話になる「大浦荘」のご主人が車で駅まで迎えに来てくれました。
優しそうなご主人が移動中下田の町についてお話してくれました。
開国当時を彷彿とさせるペリーロードを横切り宿に5分程で到着。
shimoda08
レトロなお宿ですね。
海の真ん前ですよ。
波の音が普段イライラしてる私の心を落ち着かせてくれます。
宿に入るとスタッフの皆さんが笑顔でお出迎えしてくれました。
「ただいま~!」って言いたくなるほどファミリーな雰囲気。



下田までの列車旅で少し疲れていた私達。
昼間っから失礼してビールをキューッ。
プハーッ!これがタマランのですわ。
ほろ酔いで早速温泉に。
『天然温泉掛け流し』←この言葉に弱いわ~メロメロよ。
温泉を堪能している間に夕食を準備しててくれました。
お部屋食ですよん☆
お料理はこちら(一部)
shimoda05 shimoda03
shimoda04 shimioda07
さすが港町あって魚介類がメインですね。へるしー。



ふかふかのお布団で早い時間からゆっくり休ませてもらいました。
そして次の日は早起き。かなり健康生活。
部屋の外がなにやら賑やか。
窓を開けて見てみるとどこかの大学の合気道部(推測)の一団が。
練習に出かけている模様。
私たちも朝風呂を贅沢にも堪能しつつ身支度をして宿を後にしました。
「これから下田観光します」と伝えるとご主人が町の地図をわざわざ持ってきてくれました。
「宿の前の海沿いの道は散歩にいいですよ~」とオススメしてくださったので行ってみる事に。
shimoda10
家族連れが楽しそうに歩いててほのぼの。
キラキラ水面が光っていいカンジ。
最近海を間近で見てなかったから海っ子の私としてはうれしゅ~ございました。

shimoda09
ん?カッパ?わざと?

下田海中水族館を過ぎ、和歌ノ裏遊歩道を歩くと雁島や犬走島など小さな島があります。
ここは釣りスポットらしく釣り客がのんびり糸をたらしていましたよ。
そしてオシャレなヨットハーバーが見えてきたところになにやら石碑が。
shimoda12
ペリーの艦隊が初めて上陸した場所だそうな。「ペリー艦隊上陸の碑」
後ろの車がシュール。
初めて上陸した場所ということでもっと派手な場所になっているのかと思いきや、意外に密やかだった。



shimiioda13 shimoda14
ペリー艦隊上陸の碑から歩いてすぐにペリーロードと呼ばれるペリー提督の歩いた道があります。
ここはナマコ壁の家が並んでいてそれはそれは情緒漂う町並み。
タイムスリップしたかのよう。柳並木もいい味出しています。
そしてトイレまでこのこだわりよう。
うっかりトイレと気づかず過ぎるところだったよ。

shimoda15 shimoda17
このペリーロード、今や下田で一番おしゃれな散歩道だそうです。
今回は時間がなくて探索出来ませんでしたが、アンティークショップ&喫茶店、おしゃれな雑貨屋さんやカフェなどがならんでます。
なんとなく雰囲気が京都の町家を利用したおしゃれショップのようなカンジ。
あ、でも右側の写真のお店はなんとなくサイケムードぷんぷんだったなぁ。もんのすごく興味あったんだけど残念ながら開いてなかった…



shimoda18 shimoda19
ペリーロードの突き当たりには「了仙寺」があります。
幕末にペリーと幕府の間で日米下田条約が締結されたまさにその場所です。
このお寺「ジャスミンの寺」としても有名らしく、数百株のアメリカンジャスミンが植えられているんですって。このところから見てもやはり初めて外国を受け入れた場所だと感じますよね。5月中旬から下旬が満開なのだそう。次はその時に来て見たいものです。



shimoda20
了仙寺のすぐ近くに「了仙寺宝物館・黒船美術館」があります。
所蔵する黒船・開国の資料が3000点以上。これがすべて原本なんですよ!!
レプリカを展示しているところが多くなっている昨今これは貴重ですし、何よりその当時のリアルを体験出来るというのは非常にスンバラシイ!
「館好き」のわたなべ大興奮!
私も知りたかった「唐人お吉」の半生も膨大な資料で見る事が出来ました。
(もっともお吉に関しては宝福寺に記念館があるそうです。今度ぜひ行きたいと思います。)

しかも展示されてる資料の大半が絵。絵って見てるだけでおもしろいですよね?
当時日本人は外国人の事をモンスターみたいに思ってたんだ~とか
外国人も日本のことを全く間違って認識してたんだなぁ~とか
思わず笑ってしまう資料がてんこもり!かなりVOW!
ちなみに何故だか「秘仏コレクション」もあります。



shimoda21
帰りの電車まで少し時間があったので、ご飯を食べる事にしました。
ずっと歩いていたのでお腹もぺこぺこりん。
実は下田に来るのはこれが二回目(一回目はほとんど探索できず)なんですが、最初に下田に来た時に食べたラーメンがおいしくて今回も行ってみました!
「焙煎らーめん 玄」というお店。
このどんぶりいっぱいに広がっている黒い物体は海草なのだ。しかも岩のりがゴージャスに盛られてます。
さすがに海モノだけに塩味が効いてます。ミネラルたっぷり補給完了♪



…と駆け足で巡った下田の旅。
まだ訪れていないところがいっぱいあります。
ペリーの黒船を再現した遊覧船にも乗ってみたいし…
正面は水平線が上を見上げると天井は空という不思議な洞窟と言われている龍宮窟にも行ってみたいし…
お寺もたくさん巡ってみたいし…
欲は深まるばかりなり。

近々また来ま~す!!!
shimoda22

スポンサーサイト
[ 2008/05/14 22:22 ] travel/関東 | TB(0) | コメント(-)

03/18  「群馬・水上温泉の旅」 

今回の旅は群馬県の北部に位置する水上温泉。
東京から車で約1時間半。
かなり近いところに位置してます。
minakami04
私たちが行ったこの日は、かなり雪深く(というか吹雪)
雪に不慣れなわたなべは足元もおぼつかず…



今回私たちがお世話になった宿は「松泉閣」さん。
minakami01 minakami02
露天風呂がついたお部屋に泊まりました。「木づくりの宿」と銘打ってるだけあって木が満載。



早めに着いたので水上の町を少しだけ歩きました。
町を進むとなんとも香ばしい匂いが!!!
匂いをワンちゃんのようにたどりながら歩くと、なにやらお客さんがいっぱい入っているお店が!

「窯焼きピザの店 ラ・ビエール」

店内は外国人ファミリー客もいて、おいしそうなヨカン。
私は初めてのお店に入った時、そのお店の一番人気を食べることにしてます。(当たり前か)
「当店オリジナルのベストセラー。」と書かれてあるピザを発見!
その名も「ラ・ビエール」。お店の名前が冠されてるということで自慢のメニューと思われます。
これだ↓
minakami03
きのこのソテーをのせたチーズベース、トマトソースを使っていないピザ。
きのこのうまみと適度な塩加減、チーズ自体の味もしっかり付いてて

マヂウマ!!!!

あぁ…今思い出しただけでも食べたくなるぅ。
宿のご飯もあるのでこの一枚でガマンガマン。。。



夕方に近づき猛吹雪になってきたので早々に宿へ退散。
温泉で冷えた体をあっためました。。
温泉から出たところで夕食の時間。。
あれ?さっきピザ食べた?
時間経ってるからダイジョウブなのだ!
いつもなら料理の名前を書くところですが、お品書きがなかったので今回は写真のみでご容赦くださいませ。
minakami05 minakami06
minakami07 minakami08
minakami09 minakami12
minakami13 minakami14
minakami15 minakami16
minakami17 minakami18
見た目にも綺麗な夕食いただきました♪



やばいくらいお腹がいっぱいになって
お酒でほろ酔い気分になったので
調子に乗って温泉街に繰り出してみました。
テクテク歩いていくとお店の明かりが見えてきて…
minakami20
デター!!
スマートボール!!!
年代物ですなぁ!温泉街の楽しみと言うと射的とスマートボールじゃない??
ということで
minakami19
必死でやっとります!
お店のご主人もとっても優しくってボールオマケしてくれました。ふふ。
景品もいただき大満足な水上の夜でした!!



そして気がつけば朝。
昨日あんだけご飯食べたのに
minakami22
ボリューミーな朝ごはん。
(写真以外にも何品かあったのだ)
あまりにボリューミーだったので少し残してしまいました…ごめんなさい。



宿を出発しようとしたら車の上にドッサリ雪が積もっててピーンチ!!
お湯で溶かしながら猛吹雪の中を出発!
車を走らせているとすぐ近くに道の駅を発見したので寄ってみました。
道の駅には地元の名産があるのでいつも見つけたら寄ることにしているのです。
ここの道の駅には「水産学習館」があって、利根川に生息する淡水生物を観察することが出来ます。
minakami28 minakami26
そこでおちゃめな魚見つけました!
じっとにらめっこしてしまったよ。
minakami27



この後水上周辺をドライブしつつ、時間は気がつけばお昼。
昨日宿でもらった水上周辺マップを見ていると、焼きカレーのお店があると書いてあって気になっていたのでそこにお邪魔しました。

「カフェレストラン 亜詩麻(あしま)」

さすが名物だけあって周りのお客さん全員焼きカレー食べてましたよ。
もちろん私も間違いなく焼きカレーを注文。
minakami29 minakami30
(左)オリジナル焼きカレー(ソーセージ+野菜)
(右)ソーセージの焼きカレー(三種類のソーセージ)

カレーは20種類のスパイスが入ってるんですって!
でも辛くはないんですよ!不思議。
そのカレーに地元の「さくら卵」とチーズがたっぷり。
体もポカポカ♪

お腹いっぱいになって水上を後にしました。
って心なしか食べ物レポートみたいになっちまった。てへ。

[ 2008/03/18 15:53 ] travel/関東 | TB(0) | コメント(-)

10/01  「猿ヶ京の旅」 

都会の生活に疲れた体を癒す旅。
今回は群馬県利根郡みなかみ町にある猿ヶ京温泉へお邪魔しました。
この温泉、知る人ぞ知るという温泉でこの名前はあの(Gacktが演じている)上杉謙信が名付けたそうです。
自然に囲まれた温泉で全く喧騒もなく細胞レベルまでグターとなれそうなそんなヨ・カ・ン

saru001.jpg saru002.jpg
今回のお宿は『湯豆のやど 本伝』
外観は蔵を彷彿させる落ち着いた造り。廊下もいい感じで飴色に輝いていてガラス窓から差し込む緑の明かりがとっても気持ちよいお宿です。
チェックインを済ませると女将さんが「浴衣をお貸ししてますけどいかがですか?」とおっしゃったので、せっかくだからとお借りする事にしました。
ロビーに並ぶ色とりどりの浴衣。あぁ浴衣着るのって何年ぶりだろう?

浴衣を選びウキウキしてテンションが上がったので、早速お風呂~♪
実はお部屋に露天風呂が付いていたのだ!!わ~ゴージャス!!
24時間いつでも入れる露天風呂は後のお楽しみにして、まずは大浴場へ。
早めにチェックインしたので幸いにも私たち以外のお客さんがまだ到着していない様子。
大浴場(露天風呂もあるぜよ)を贅沢にも一人で堪能させていただきました!ちなみに内湯は檜風呂。
天然温泉掛け流しということで私の心の汚れもスッキリと落としてもらいました。ふふ。

saru003.jpg saru004.jpg
saru005.jpg
お風呂から出てまだ日が高かったのと夕食まで時間があったのとで、猿ヶ京の町をちょっと探索してみました。
ほとんど娯楽施設はなく「これでもかぁ!」くらい邪念を取り払える町ですね。
宿から歩いて約10分。なんだかわらぶき屋根の家を発見!「猿ヶ京関所跡」と書いてある。
県指定の史跡で資料館でもあるらしい。私が行った時は開いてなかったけど(涙)
江戸時代前期に開設されて三国街道の交通を取り締まった関所だそうな。

saru016.jpg
その後近くにある地元のコンビニに行ってみた。
わたなべ地元のお店に入るのが旅の楽しみの一つであります。やっぱ地元のものを見つけるのは楽しいよね!
で、見つけた&GETしたのはコレ(笑)

ハイ!酒です!
どんだけ飲むんだよ!

町を探索してたらちょうど夕食の時間になったので宿に戻りました。
この宿のお食事、噂によるとかなりボリューミーらしい。ワクワク。
ということで夕食に登場したものはコチラですっ!じゃじゃーん!
saru006.jpg saru007.jpg
(左)前菜:梅水晶ホイップクリーム・サーモン蕨・花豆・大豆・手桶胡瓜
(右)お造り:季節のお刺身
saru008.jpg saru009.jpg
(左)鍋物:もち豚しゃぶしゃぶ
(右)枝豆味噌揚げ
saru010.jpg saru011.jpg
(左)煮物:米茄子なめこ餡かけ
(右)焼き物:鮎塩焼きをワイルドに頬張るわたなべ
saru013.jpg saru014.jpg
(左)冷し鉢:冷しトマトコンソメ煮
(右)椀の物:海老吉野・姫皮・わらび・筍ご飯

saru015.jpg saru019.jpg
ね?もんのすごいでしょ?
他にも天ぷらやら水菓子やら登場したんだけど、食べるのに夢中で写真撮り忘れました(汗
味もかなりンマンマ(うまい)!田中料理長GJ!
お腹もパンポコになったところで部屋に戻り待望の露天風呂へ。
先ほど買った日本酒をチビチビやりながらゆ~ったりと浸かる…至福の喜びです!!
しかも森に囲まれているので木のいい匂いもしてくるし明かりもぼんやり灯ってるし。。
その後何度も浸かったのは言うまでもありません(笑)

さて朝になりました。
朝食も楽しみでしょ?やっぱ。
昨日あれだけ沢山料理が出たので朝はそんなに出ないでしょ~。
と思いつつ朝食を取るお部屋に入ってビックリ!!
朝食ラインナップはコチラ!!じゃじゃじゃーん!
saru017.jpg saru018.jpg
まぢで朝からパンポコになりました!しかもヘルシー!しかもお料理全体的においしかった!GJ!
そんでもってチェックアウト前にまたまた贅沢にも朝風呂をいただきました。
あぁ…もう一泊したかった…

そんなわけで
骨の髄までドロ~ンと解き放たれた猿ヶ京の旅は過ぎていくのでありました。。




[ 2007/10/01 17:40 ] travel/関東 | TB(0) | コメント(-)

05/21  「宇都宮・鬼怒川の旅 その2」 

宇都宮を後にして、鬼怒川に移動した私たち。
この日も天気が良く、いいドライブ日和になりました!
しかーし渋滞がすごかったよぉぉ(つд・)

kinu01.jpg kinu011.jpg
(左)鬼怒川に行く途中。こいのぼりの大群を発見!
子供の日だもんね!これだけいると圧巻だす!
(右)この日泊まったホテル『鬼怒川プラザホテル』前にて。
温泉に浸かった後でグンニャリのわたし。

kinu02.jpg kinu04.jpg
私が泊まったお部屋にはこんな小物達が。
このホテル、いろんなテーマに基づくお部屋があるらしい。
他のお部屋も見てみたい気分。

(左)おしゃれなガラス細工。
(右)普通なら緑茶だけがあるところなんだけどここには「白桃ウーロン茶」やら「マスカット茶」やらおしゃれなお茶がいくらでも飲むことが出来るのですよー!

kinu05.jpg kinu06.jpg
kinu07.jpg kinu08.jpg
kinu010.jpg kinu09.jpg
(上左)この日の夕食は『網焼き会席』なのだー!
(上右)カニも焼く!
(中左)お肉も野菜も焼く!
(中右)焼いたものは塩でいただくのだけど、そのお塩だけでなんと五種類!!それぞれ味が違って食材も新たに楽しめるのだ!
(下左)締めのご飯。なんと『おこげお茶漬け』。
お米のお煎餅を網で焼いてお椀に入れ、熱々のお出汁を掛けてジュワーッとしたところをいただく。
(下右)カニを食べる時って人はなぜ無言になるのでしょう?

kinu013.jpg kinu014.jpg
おいしいお食事の後、今回の宿泊プランにも付いていた個室貸切露天風呂「あけび」へ。
この露天風呂はそれぞれ別棟のコテージになっていて、むしろここに泊まりたいと思わせる造りになっとります。
しかも別の場所には岩盤浴(女性限定)があってデトックスも楽しめて大満足!!!

(左)いちごの香りがする石鹸やら、お風呂に浮かべるろうそくやら…女子がうっとりするアメニティーも付いているのだ!なんと無料!
(右)お風呂が二つも付いております。しかもCDプレーヤーも付いていて(ヒーリングCDも貸してくれるよ!)幻想的な音楽に包まれながら癒されました!

kinu012.jpg kinu015.jpg
kinu016.jpg
お風呂にも大満足しつつ、夜の鬼怒川散歩へ。

(左上)橋の上からはライトアップされた川面が楽しめます。
(右上)ホテルの前にある地元の居酒屋へ。壁一面には日本全国の土鈴が飾られてました。お客さんからのプレゼントかしら?
(左下)やっぱザギョー(餃子)でしょ~♪しかも羽つき!ご主人の手作り!

kinu017.jpg kinu018.jpg
次の日は生憎の雨模様。ぼんやりしながら朝食を食べに行ったらまたびっくり!Σ(゚Д゚

(左上)朝食のラインナップ。洋食と和食が選べるんだけど、やっぱ日本人は和食でしょ?ということで。しかし真ん中に鍋?
(右上)ジャーン!鍋の中身は「豆乳湯葉おかゆ」なのだ!
う~む。美は食からということなのでしょうか?至れり尽くせりだぜ!

いや~しかし今回は体の芯から癒されましたな!
いろんなアトラクションがある旅も楽しいんだけど、逆に何もせずぼんやりと一つ一つをゆっくりと時を味わうというのもイイネ!
私のお気に入りにランクインしましたよ!
ってランキング発表はあるのか!?

ということで私たちは豪雨の中、東京へ戻っていくのでありました。
[ 2007/05/21 16:31 ] travel/関東 | TB(0) | コメント(-)

05/07  「宇都宮・鬼怒川の旅 その1」 

2007GWだよ!
わたなべも日ごろのストレス(あるのか?)を発散しに、「宇都宮・鬼怒川」に癒されに行ってきましたよー!
当日はほとんど五月晴れで初夏を思わせる陽気の中、ワクワクしながら旅立ちました。

utsu01.jpg utsu02.jpg
まず宇都宮へ。
相変わらず宿を決めていない私達。
今回はGWだから宿は空いてないのではないのか!?
どうする?どうなる?どうにかするしかない!!
ということで手分けして宿の捜索開始!
しばらくしてや~っとこさっとこ(死語)宿泊を確保しました!隊長!
ホッと胸を撫で下ろしながらチェックイーンヌ!
安心したら喉乾いちゃったということでまだ陽が高いのも気にしつつ馬場通りにある『屋台横丁』へ。
いろ~んな食べ物屋台がずらりと並んでいる中…

(左)「みんみん」の姉妹店『ふたあら』へ。
(右)やっぱザギョー(餃子)でしょ~♪

utsu03.jpg utsu04.jpg
お酒が入りほろ酔い気分の私達は、宇都宮パルコ付近をフラフラ。(ただの酔っ払いじゃないか?)
カラオケをしたり商店街を探索したり地元の居酒屋に入ったりしていたら外はすっかりと夜に。

(左)夜の宇都宮で素敵なスポットを発見!しかーし酔ってて詳しい場所わかんない(;´Д`)
(右)夜も更けて…やっぱザギョー(餃子)でしょ~♪第二弾『イキイキギョーザ』へ。このラインナップを見よ!

utsu05.jpg utsu06.jpg
フツカヨイ疑惑の中(笑)私達は一路塩原方面へ。

(左)途中の道両端に緑がいっぱい!さながら森林浴をしているみたいで染みたよ…
(右)塩原温泉郷にある『もみじ谷大吊橋』へ。

utsu07.jpg utsu08.jpg
この「もみじ谷大吊橋」は無補剛桁(むほごうけた←カミそうだ)歩道吊橋としては、全長320mで全国随一なのだそうな。

(左)足元はこないなってます…(大阪弁)しかもゆらゆら揺れます。ドキドキします。わたなべビミョーに高いところ苦手だったりして…
(右)橋を渡りきったところには休憩所があり、そこには山桜が咲いてました。春と夏が同居する大吊橋。秋は紅葉でそりゃーもう美しいらしいよ。

utsu09.jpg utsu012.jpg
お昼時になりお腹も空いた私達。
那須高原へ。ここで私達はGW名物(?)渋滞を味わう事に。
やっぱみんな高原へ行くのね~
ちなみに私達が行ったのは『南ヶ丘牧場』でやんす!
駐車場も満員だったんだけどたまたま入れ替わりでスペースを確保することが出来た!ツイてるぜ!ノッてるぜ!

(左)牧場入り口付近。『食べ処サンガ』にて。
写真ではわかりにくいけどかなりの人・人・人
(右)ミックスジンギスカン定食(南ヶ丘牛+ラム)を堪能するワタシ。煙がジャージャー。うまうま。

utsu011.jpg
うまうまといえばコレ!
『ガーンジィゴールデンミルク』
このガーンジィ乳牛って聞いたことあります?
ワタシ初めて聞いたんだけども、日本にはここを含めて二ヶ所、計200頭しかいない貴重な牛ちゃんらしい。
肝心の味ですが、ともかくこの牛乳…

「うまい!濃い!甘~~~い!!」

しかも後味がしつこくな~い!
ぜひ一度お試しあれ!!

宇都宮・鬼怒川の、まだまだ続きま~す!
ここで一旦CM(タモさん風味)


[ 2007/05/07 17:32 ] travel/関東 | TB(1) | コメント(-)
profile

わたなべヨシコ

Author:わたなべヨシコ

わたなべヨシコOFFICIAL WEBSITE
click here!


※当サイトに掲載されている写真、文章及びファイル等の無断転載及び使用を固く禁じます。
Copyright (C) 1996 by YOSHIKO WATANABE. All rights reserved

information

【radio】
「フォークスクランブル」
■番組ブログはこちら

MUSIC BIRD
毎週日曜日16:00-17:55
全国コミュニティFM局で生放送! (一部の放送局では放送時間が異なります)

「湘南ベース」
■番組ブログはこちら

MUSIC BIRD
毎週土曜日9:00-9:55
全国コミュニティFM局で生放送! (一部の放送局では放送時間が異なります)

【blog】
「アイマグブログ」
愛媛の地域密着型情報発信ポータルサイト