09/10  「伊香保の旅」 

「あぁぁぁ~温泉行きたいなぁ~」と
またまた思い立ったチームわたなべ。
フラ~ッと東京駅へ。
そして旅行相談所へ駆け込み
「これから行けるところないっスかね?」と相談。
この時既にお昼を過ぎていた。
相談所のお姉さんのプランニングで「伊香保」へGO!

最近私の旅がどうも「ダーツの旅」ぽくなってるような…

ikaho001.jpg
「時間がないので急いでください!」とお姉さんに送り出され、電車とバスを乗り継ぎ無事伊香保へ到着!


ikaho002.jpg
伊香保のメインストリート『石段街』
およそ400年の歴史を誇っております。御関所前付近から伊香保神社まで360段、約300m。
石段の途中にさすが温泉地、源泉が湧き出るのが見えるように細工されてたりします。
今回私たちがお世話になる宿も石段の途中にあります。


ikaho003.jpg
なんだかんだ言いながら宿に着いたのがほぼ夕食時。
今回お世話になった宿は室町時代より四百数十年にわたり受け継がれている『岸権旅館』。
源泉掛け流しの「黄金(こがね)の湯」。(硫酸塩泉)
まず貸切展望風呂「六左衛門の湯」を堪能。
壷の形になっている湯船にゆっくりと浸かり、目の前に広がる景色も圧巻!
湯の花がわんさか湧き出ていて「温泉に入ってるぅ~」と実感。
お風呂から出ておいしい料理も食べてもう骨抜き。


ikaho004.jpg
骨抜きされたわたなべ。


ikaho005.jpg ikaho006.jpg
温泉の夜も熱かった!
(左)はしゃぎすぎて「おっさん化」しているわたなべ
(右)温泉と言えば「射的」。ナニゲに次々と景品を取るわたなべ。


ikaho008.jpg
2日目。
やっぱり『館』好きのわたなべ。
ここでもしっかり押さえてます!

群馬を代表するアミューズメントスポット!(らしい…)
『伊香保おもちゃと人形自動車博物館』へ!

ん?おもちゃと人形と自動車??
と不思議に思いつつも入館。

いきなりテデーベア(←おっさんちっく)がお出迎え。
きっと世の中で一番不釣合いなツーショット。


ikaho009.jpg
入館してしばらくはテデーベアがもりもりいたわけですが…
わたなべ全く見向きもせずズンズン進んで行くのであります。
そしてテデーエリアを過ぎ、そこには
「昭和レトロテーマパーク 駄菓子屋横丁」が!


ikaho010.jpg ikaho013.jpg
横丁のあちこちに昔の雑誌の切り抜きやポスター、看板やビンのラベルなどなどが展示されております。
それにしても昔ってば…フリーダム(;´Д`)


ikaho011.jpg
そんな中、懐かしの「プラッシー」を発見!∑(゜∀゜)
お米屋さんで売ってたんだよね?
タケダが出してるんだっけ?


ikaho023.jpg ikaho022.jpg
◆今回のツボ◆
(左)映画のポスター。タイトルセンスもさることながら、小さく「一才八ヶ月」と書かれてあるのがシュール。
(右)歌丸師匠のブロマイドが人気爆発中。


ikaho018.jpg
続いては(このテーマパーク忙しいなぁ)
「自動車博物館」へ。
ここでは懐かしの名車が70台展示されています。
実際に走らせている名車もあるらしくすべてピカピカです!
維持費ものすごいんだろうなぁ…


ikaho016.jpg ikaho017.jpg
左の状態で引き取られた自動車も右のように復元されています。
オーナーの熱意が伝わってきますね。


ikaho026.jpg ikaho025.jpg
ちなみにこの博物館、なぜか入館パスが「キューピーちゃん」なんだけど博物館出口の所で作っているところが見られます。
キューピーってこうやって作ってるのね。。
なんだか怖い…((;゚Д゚)


ikaho027.jpg
という事で帰路についた私たち。
帰りの電車を降りふと上を見上げると、この看板が…

『ッ』

っている?


以上、いろいろ突っ込みどころ満載の楽しい旅になりました!

[ 2006/09/10 18:05 ] travel/関東 | TB(0) | コメント(-)

04/02  「箱根の旅」 

hakone_001.jpg
今回の旅は「箱根」。
新宿から小田急ロマンスカーに乗ってお出かけ。
何気に初ロマンスカー。
本当は先頭の座席に座りたかったんだけどかなり前から予約しないと取れないらしいので、今回は断念。


hakone_002.jpg
箱根に着き車をレンタル。
実はわたなべニューデジカメを手に入れたので、メディアを買いに御殿場へ。
いきなり山梨じゃん(笑)
その後芦ノ湖へ。時間もお昼になりご飯を食べる事に。
今回はぶらり旅という事でほとんど下調べをしてなかった私達。ぶらりついでに道沿いにある「シチューとカレーのお店 湖亭へ」。
まずはチキンカレー。骨付きのチキンなんですが身がポロっと取れるくらい煮こんでいて、ルーも辛いという感じではないんだけどかなりスパイシー。今までに食べたことのない味で(゚Д゚ )ウマー


hakone_003.jpg
続いてビーフシチュー。二週間かけて煮こむ(店主談)だけあってお肉が口に入れた瞬間トロ~ッととろけるのよぉ~。ワインがふんだんに使われていると思われるデミグラスソースと絡まりあって今思い出しただけでも涎が出そう( ̄¬ ̄*)


hakone_004.jpg
お腹がパンポコになった私達。芦ノ湖と並ぶ箱根を代表するビュースポット大涌谷へ。富士山もちょこっとだけ見えて壮大な気分に。40万年前、火山活動が行われていた大湧谷だけあってあちこちから噴煙が。


hakone_005.jpg
ここで有名なのは延命祈願の「黒たまご」。大涌谷特有の酸性熱泥でゆでているということで殻が真っ黒。1個で7年、2個で14年の延命祈願が出来るそうな。


hakone_006.jpg
「館」好きのわたなべにとってはずせないスポット「箱根園水族館」へ。ここは海水館・淡水館・バイカルアザラシエリアに分かれていて、全部で450種・32000匹が飼育されています。その中には…


hakone_007.jpg
なぜかセキセイインコまで(笑)。
その他にも「ポリプテルス・オルナティピンニス」やら「セルフィンプレコストムス」やら2度と口に出来ない名前の魚もたくさんいました!


hakone_011.jpg
今回は「ゆった~り湯けむり気分の旅」というのをサブタイトルとして臨んだ私達。早めに宿へ。
今回泊まったのは「箱根湯の花温泉ホテル」。
ここは最も標高の高い露天風呂@箱根があるらしい。
泉質は?単純硫黄泉でぇす!
効能は?神経痛、筋肉痛、疲労回復にいいそうでぇす!
3回も入って堪能してきましたよぉ!風が強くてめちゃめちゃ寒かったけど…


hakone_008.jpg
そして旅で大切なファクター「料理」。
今回は会席料理(はこねばら会席)コース。1時間位の間に沢山の料理が運ばれてきます。


hakone_009.jpg
ジャジャーン!御造り3点盛り合わせじゃ!
箱根は山の中なのにかなり素材のいいお魚。プリップリ☆


hakone_010.jpg
ジャジャーン!天ぷらじゃ!
白扇揚げ・身蟹・公魚真砂揚げ。綺麗で目にもオイシイお料理。
おいしゅうございました☆

次の日は平成10年から始まって今も続いているという箱根御関所へ行き、関所のお勉強。そしてお正月といえば箱根駅伝ということで(?)「箱根駅伝ミュージアム」へ行き、駅伝の歴史などをお勉強してきました。



「湖亭」
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根162 tel0460-4-7575

箱根園水族館
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139 tel0460-3-1111

箱根湯の花温泉ホテル
神奈川県足柄下郡箱根町湯の花高原 tel0460-3-5111

箱根駅伝ミュージアム
神奈川県箱根町箱根167 tel0460-3-7511

[ 2006/04/02 20:58 ] travel/関東 | TB(0) | コメント(-)

11/17  「茨城の旅」  

ibaraki001今回の旅は「茨城」。
上野駅からJR常磐線に乗り、一路水戸へ。
水戸と言えば納豆。納豆嫌いのわたなべ、今回の旅のテーマは「苦手克服!」。
着いた直後から納豆三昧。三色納豆・普通の納豆etc.
いろんな食べ方を教わりながら、「普通レベル」には食べられるようになったような気がする…



ibaraki002何気に時代劇フリークのわたなべ。
水戸と言えば黄門様。やはりルーツを知らねばということで水戸駅から車で約10分「徳川博物館」に行って来た。
ここでは入館の際、入館シール(写真、印籠型シール)と徳川家クイズのシートが渡されます。クイズの問題は館内をくまなく見ればわかるレベルのもので、それを調べるうちに自然と徳川家に詳しくなるという一石二鳥なシステム。(全問正解でプレゼントあり)
私も水戸光圀さまをより近く感じることが出来ました。
ちなみに黄門様というのは通称で当時は7人ほどいらっしゃったそうです。黄門様だらけ。




ibaraki003続いて自然に触れようと千波公園へ。千波湖(偕楽園の南東に位置)を中心に散歩道やサイクリング・ジョギングコースなどがある憩いの場だそうだ。
湖には黒鳥が!めちゃめちゃかっこいい!
実は黒鳥を初めてみる私。あまりのcoolさに思わず写真を。



ibaraki004湖に浮かぶスワンボート発見!
私の地元愛媛県ではスワンボートを見たことない!ということでこれまた初「スワンボート」体験。
そしてわたなべペダルを漕ぐ!漕ぐ!漕ぐ!
他にも沢山のスワンボートが出ていたんだけど、きっとひときわ進む速度の速いスワンボートに見えたことでしょう( ̄ー ̄)



ibaraki005普段使わない体力を使ってヘトヘトになった我ら。
目的地も決めずブラブラする旅スタイルなので、もちろん食べる場所も決めてない。
「お腹空いた~ブーブーヾ(`ε´)ノ」と文句を言っている私の目に「そば道場」の看板が!
いっちょ揉まれとくか~!ということで行って来た。
ここのおそばは日本国内でも有数の「常陸秋そば」を石臼挽きしたそば粉に、天然の山芋をつなぎにしたものであります。ちなみに写真は「まいたけ天そば」。
ダシがコクがあって「んまいね~σ゚д゚)」




ibaraki006お腹もパンポコになった私達は奥久慈エリアの大子町にある日本三名瀑のひとつ「袋田の滝」へ。
最近テレビの旅番組で取り上げられていたらしいですな。

この滝に行くまでに袋田トンネルを通っていくんだけど、このトンネルの中がひんやりとしてほてった体にちょうどいい。
トンネルをくぐるとそこには幅73m、高さ120mで4段に流れ落ちる豪快な滝が現れる。

この滝は訪れる季節によって見せる顔が全く違うらしい。
冬は滝が凍りアイスクライミングも出来るそうなので、機会があったらまた来てみたいと思います。




ibaraki007袋田の滝の観瀑台を下りて、滝川にかかる吊り橋に行ってみた。

見よ!このへっぴり腰を!

私は高いところが苦手です(ノ_・。)



ibaraki008私達の旅はよく「滝」やら「水族館」やら出てきますな。
今回も例に漏れず水族館に行ってきました!
「アクアワールド大洗水族館」です。
車・車・車で駐車場も大渋滞。って私は寝てたけど。
この水族館は2万㎡弱の敷地に総水量5100t、約580種・68000点もの展示生物を擁する超大型水族館。
って数字にしてもちとわかりづらいか…
しか~し!水族館好きの私はもう大興奮!(*∀*)

海の生き物が泳いでいるだけではなく、標本やらアトラクションやら沢山あって、例えば一番大きなクジラ(シロナガスクジラ)の鳴き声を周波数を変えて聴く事ができたりします。(どうも通常は人間の耳では聴き取れないらしい。)

そんでもって写真のような虫歯まで展示されています(笑)
歯は大事にしましょうね!



ibaraki009こんな大きな水族館ではありますが、辺りは人・人・人で、ちょっとげんなり…(´・ェ・`)

そんな中で寛いでいるラッコを発見!
癒されるね(  ̄_ ̄)ボー



ibaraki010展示物は迫力のある剥製がズラリ並んでおりまして…
これはホホジロザメ。体長4m。
下にうっすら見えているのはアゴ周辺。歯もかなりするどい。((( ;゚Д゚)))
右にうっすら見えているのはホホジロザメの物まねをするわたなべ。ニテネー

こんなにはしゃいでいいのだろうか…
ということは一切考えず、この後地物のお魚をふんだんに使ったお寿司を食べ帰路に着いた今回の旅でした!

fin..


[ 2005/11/17 17:12 ] travel/関東 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/14  「栃木・日光の旅」 

tochigi001浅草から東武特急「きぬ」に乗って、鬼怒川温泉に向かいました。
浅草のデパート「松屋」で駅弁を買って本格的な列車の旅。



tochigi002鬼怒川温泉に着きレンタカーで栃木を堪能しよう!ということでウェスタン村に行ってきました。
これは「ワイルドウェスタンショー」という1日4回公演のアクションショーです。
途中で馬が思いっきり駈けてきて砂煙を浴びましたが迫力があって楽しかったです。




tochigi003今世紀最大の発明(?)と言われているセグウェイがなぜかウェスタン村に!!
最初は乗ることすらおっかなびっくりだったんですが軽い体重移動に慣れてくるとスイスイ進めます。
結構スピード出るものなんですね!




tochigi004日本三大名瀑の一つ華厳の滝。
無料の観瀑台もあるんだけど、エレベーター(有料)で滝壺近くまで降りて間近で滝を見ることにしました。
一気に降下するので耳がポーンとなりました。




tochigi005エレベータ-で降りると、かなり滝から離れているにも関わらず細かなみずしぶきを浴びてマイナスイオンをいっぱい吸収しましたよ!




tochigi006一時私の中で流行っていた「ニャンまげ」にやっと会いました。
場所は「日光江戸村」。
どっぷり江戸時代に浸かってきました。
ちなみにここでは通貨単位は「両」。「1500両になりま~す!」てな感じでね。私は何故だかタクシーの運転手さんが「ハ~イ 4100万円ね~」って言ってる姿を思い出してしまった。




tochigi007江戸村の中に何ヶ所か遊技場があるのですが、これは弓矢さん(この呼び名でいいのかな?)。
真ん中だけをはずして周りを取り囲むように放ってしまい、お店の人に「ある意味上手ですよね~」なんて言われてしまいました。とほ。



tochigi008江戸村の出口付近にある女子トイレ。

なぜ?



tochigi009栃木ツアー最終日。私達は湯西川温泉に行きました。
湯西川は平家落人伝説の地としても有名で、その落人たちの生活様式を長い間保存して継承する拠点として再現されたのがこの「平家の里」なのであります。
それにしても寒かった(((=_=)))

fin.



[ 2005/11/14 20:00 ] travel/関東 | トラックバック(-) | コメント(-)
profile

わたなべヨシコ

Author:わたなべヨシコ

わたなべヨシコOFFICIAL WEBSITE
click here!


※当サイトに掲載されている写真、文章及びファイル等の無断転載及び使用を固く禁じます。
Copyright (C) 1996 by YOSHIKO WATANABE. All rights reserved

information

【radio】
「フォークスクランブル」
■番組ブログはこちら

MUSIC BIRD
毎週日曜日16:00-17:55
全国コミュニティFM局で生放送! (一部の放送局では放送時間が異なります)

「湘南ベース」
■番組ブログはこちら

MUSIC BIRD
毎週土曜日9:00-9:55
全国コミュニティFM局で生放送! (一部の放送局では放送時間が異なります)

【blog】
「アイマグブログ」
愛媛の地域密着型情報発信ポータルサイト